ルネサス、統合コクピット向けソリューション R-Car E2 を発売

自動車 ビジネス 企業動向

ルネサスは、ディスプレイオーディオとエントリモデル向け統合コクピットソリューションの第2世代R-Carシリーズ「R-Car E2」を製品化。10月22日よりサンプル出荷を開始するとともに、新製品を搭載したソフトウェア開発ボードの提供を開始した。

R-Car E2は、低消費電力と高性能を実現するCPU「CortexTM-A7」2つに加え、SH-4Aを1つ搭載した2+1のCPUで構成。従来のエントリモデル向け製品R-Car E1の約4倍の性能を実現する。さらに外部DDRメモリとの接続周波数を高め、16bit接続の外部DDRメモリ1つで十分な性能を発揮させることで、システム全体のコスト最適化に寄与する。

また、上位製品で採用するCPU「CortexTM-A15」とバイナリ互換性を持つCPU「CortexTM-A7」、同一機能IP、メモリマップを共通化することで、ドライバとミドルウェアの共通化を実現。開発コストと期間を短縮したプラットフォーム化を提供する。

さらに、従来の「システム構築・インテグレーション環境用」のソフトウェア開発ボードに加え、パートナーの「アプリケーション・ミドルウェア環境用」のソフトウェア開発ボードを低価格で提供。ディスプレイ・オーディオで要求されるスマートフォン接続インタフェース、バックモニター用カメラ、メディアプレーヤなど標準となる機能を短期間にソフトウェア開発ボードで実現できるようサポートする。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集