豪系マッコーリーが仕組みワラント上場、エアアジアXなど…マレーシア

エマージング・マーケット 東南アジア

豪州系マッコーリー・キャピタル・セキュリティーズ(マレーシア)は16日、ブルサ・マレーシア(マレーシア証券取引所)に仕組みワラント8種を初めて上場した。ザ・サンが報じた。

外資系金融機関による仕組みワラントの上場は2011年のシンガポール系OCBCバンク以来。

上場された銘柄は、エアアジアX、DRBハイコム、ホンリョン・インダストリーズ、イナリ・アマートロン、KNMグループなど。

マッコーリーは年内に上場銘柄を52種まで増やす。同社はこれまで、シンガポール、タイ、香港の仕組みワラント市場に参入してきた。

マレーシアの仕組みワラント市場の規模は小さく、国際取引所連合によれば、上場銘柄は431種。

マッコーリーによれば、仕組みワラントはデイトレーディングより複雑で、ある程度の知識が必要だが、マレーシアの投資家は投資ツールとして使いこなせるという。
小栗 茂

編集部おすすめのニュース

特集