飛び出してきたクマと衝突、乗用車が自走不能に

自動車 社会 社会

17日午後8時10分ごろ、栃木県那須塩原市内の国道400号を走行していた乗用車と、道路を横断していたクマが衝突する事故が起きた。クルマは中破したが、運転していた48歳の男性にケガはなかった。

栃木県警・那須塩原署によると、現場は那須塩原市中塩原付近で片側1車線。周囲は山林となっている。千葉県柏市内に在住する48歳の男性が運転する乗用車は、道路脇の山林から飛び出してきたクマ(体長約1m)と衝突した。

衝突によって乗用車は中破して自走不能となったが、運転していた男性にケガはなかった。クマはそのまま山林に逃走している。

現場付近では19日にもクマの目撃情報があり、警察では同一のクマである可能性が高いとみて、警戒を呼びかけている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集