JR四国、伊予灘見渡せる下灘駅に「らぶらぶベンチ」設置

鉄道 企業動向

JR四国は10月18日、予讃線伊予市~伊予大洲間の海側区間(愛ある伊予灘線)の下灘駅(愛媛県伊予市)に、カップル向けのベンチ「らぶらぶベンチ」を設置する。除幕式は11時45分から行われる予定。

「らぶらぶベンチ」は座面の中央部がV字型に折れており、二人が離れて座ろうとしても、自然にくっついてしまうような構造になっている。今年3月、予土線江川崎駅と土讃線坪尻駅に初めて設置。その後、土讃線大歩危駅にも設置され、下灘駅で4駅目の設置となる。

下灘駅はホームから伊予灘を見渡せる駅として人気が高く、「青春18きっぷ」のポスターや映画・ドラマの撮影スポットとしても有名。JR四国は「『らぶらぶベンチ』に座って、“愛ある”ひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか」と呼びかけている。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集