漁港の岸壁から乗用車が転落して4人死傷、無理心中か

自動車 社会 社会

14日午前7時45分ごろ、大阪府泉佐野市内にある漁港の岸壁から乗用車が転落する事故が起きた。地元消防が約1時間後に4人を救出したが、このうち3人が死亡。1人が意識不明の重体となった。無理心中を図ったものとみられる。

大阪府警・泉佐野署によると、現場は泉佐野市新浜町付近にある佐野漁港の岸壁。通行人が海中に没していく乗用車を目撃し、警察に通報した。

これを受けた警察や地元消防が捜索を行った結果、岸壁から約5m離れた場所で水底に沈んでいた乗用車を発見。車内から大人1人と子供3人を救出したが、40歳の女性と5歳の女児はまもなく死亡を確認。収容先の病院で10歳の女児が死亡し、12歳の男子中学生が意識不明の重体となっている。

現場にブレーキ痕は見当たらず、事故の状況から、警察では死亡した女性が無理心中を図ったものとみて、発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

関連ニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集

おすすめの商品