テレビ通販会社「トライステージ」、タイに新拠点置き事業拡大

エマージング・マーケット 東南アジア

【タイ】トライステージ(東京都港区)は15日、テレビ通販の支援、日本の商品の販売や化粧品開発販売を手がける合弁会社をタイに設立し、12月に事業を開始すると発表した。

 新会社は「ローズ・ステージ」。資本金300万バーツ(約1000万円)で、トライステージが40%、タイのメディア会社ローズ・エンターテインメントのオラパン・モンピチット最高経営責任者(CEO)が50%、日本とアジア間の事業構築支援会社バーテックス・アジアが10%出資する。

  トライステージはタイで2013年にインフォマーシャル型のテレビ通販支援を開始。事業拡大を目指し、同社初の海外拠点をタイに設ける。

 ローズ・エンターテインメントはタイでアニメチャンネルと女性向けチャンネルを運営。タイで放送される日本のアニメコンテンツの約70%の権利を保有する。

トライステージ、タイにテレビ通販支援合弁会社

《newsclip》

編集部おすすめのニュース

特集