マレーシアのグリーン技術展示会に「東京パビリオン」

エマージング・マーケット 東南アジア

マレーシア(イメージ)
  • マレーシア(イメージ)
アジア大都市ネットワーク21(ANMC21)は、クアラルンプールにおいて16日から4日間の日程で開かれる「国際グリーンテック・エコプロダクツ展示会」に「ANMC21東京パビリオン」を出店すると発表した。

ANMC21は、東京都の呼びかけにより設立されたアジア地域の発展に繋げて行くことを目的とした都市間ネットワーク。クアラルンプール、東京、シンガポール、バンコク、ソウル、ジャカルタなど13都市が会員都市となっている。

「国際グリーンテック・エコプロダクツ展示会」は、クアラルンプールコンベンションセンター(KLCC)で開催される。「ANMC21東京パビリオン」には、東京都立産業技術開発センター、田中電気研究所、日本システム企画、光洋産業などが参加する。優れた技術・製品及び先進的な取り組み事例の展示、出店企業ブースにおける、出店企業と現地企業との代理店契約、技術提携など、継続的なビジネス関係の構築を目指した商談会の実施を行う。
広瀬やよい