VW と 上海汽車、中国に投資…新テストコース建設へ

自動車 ビジネス 企業動向

中国新疆ウイグル自治区ウルムチ市で稼働した上海フォルクスワーゲン新工場
  • 中国新疆ウイグル自治区ウルムチ市で稼働した上海フォルクスワーゲン新工場
欧州の自動車最大手、フォルクスワーゲングループと中国の上海汽車(SAIC)は10月10日、両社の合弁会社、上海フォルクスワーゲンが新たなテストコースを建設すると発表した。

上海フォルクスワーゲンの新テストコースは、中国西部の新疆ウイグル自治区に建設される予定。フォルクスワーゲングループと上海汽車は、およそ1億ユーロを投資。上海フォルクスワーゲン車の開発テストを行う施設を建設する。

また、この新テストコースは、新疆ウイグル自治区のウルムチ工場の南西部に、建設される計画。上海フォルクスワーゲンの現地工場との連携が図られる。

フォルクスワーゲングループは、中国で合弁2社を展開。上海汽車との上海フォルクスワーゲン、第一汽車(FAW)との一汽フォルクスワーゲンの2社がある。

フォルクスワーゲングループチャイナのヨッヘム・ハイツマン社長兼CEOは、「中国での成功は合弁パートナーとの協力なしでは、あり得ない」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集