タイのショッピングモール開発大手が上場…調達資金でさらなる開発へ

エマージング・マーケット 東南アジア

プラチナム・ファッション・モール
  • プラチナム・ファッション・モール
  • プラチナム・ファッション・モール
  • プラチナム・グループのソムブン・ウォンラサミー社長
  • SC開発のプラチナム、タイ証取上場計画
【タイ】バンコク都心のプラトゥーナム交差点で大規模ショッピングセンター(SC)、プラチナム・ファッション・モールを運営するプラチナム・グループは2015年前半にタイ証券取引所(SET)に上場する計画だ。

 払込済み資本金を21億バーツから28億バーツに増額し、数十億バーツの調達を目指す。調達した資金はバンコク都心のラチャプラソン交差点でのSC開発(投資額70億バーツ)、タイ湾のサムイ島でのホテル、SC開発(投資額14億バーツ)などに充てる予定。

 プラチナム・グループの業績は2011年が売上高6億7000万バーツ、最終利益6870万バーツ、2012年が売上高10億1510万バーツ、最終利益1億6750万バーツ、2013年が売上高11億6910万バーツ、最終利益2億4560万バーツ。

SC開発のプラチナム、タイ証取上場計画

《newsclip》

編集部おすすめのニュース

特集