JR四国、予土線で運転する「3兄弟」合体の100周年記念列車のダイヤを発表

鉄道 企業動向

10月18日に運転される『なかよし3兄弟、はじめての遠足号』の一角をなす「鉄道ホビートレイン」。0系新幹線車両を模した外観が特徴だ。
  • 10月18日に運転される『なかよし3兄弟、はじめての遠足号』の一角をなす「鉄道ホビートレイン」。0系新幹線車両を模した外観が特徴だ。
JR四国は10月14日、予土線宇和島(愛媛県宇和島市)~江川崎(高知県四万十市)間で10月18日に運転する記念列車『なかよし3兄弟、はじめての遠足号』の詳細な運行時刻を発表した。

『なかよし3兄弟、はじめての遠足号』は、「予土線3兄弟」のグループ愛称を持つ同線の観光車両「清流しまんと号」「海洋堂ホビートレイン」「鉄道ホビートレイン」を全て連結。予土線宇和島~近永(鬼北町)間の開業100周年記念列車として運行する。

停車駅と運行時刻は、宇和島10時29分発~近永11時04分着・11時05分発~松丸11時15分着・11時16分発~江川崎11時40分着。それ以外の各駅は通過する。通過駅の時刻は北宇和島駅が10時32分、務田駅が10時44分、伊予宮野下駅が10時46分、二名駅が10時50分、大内駅が10時53分、深田駅が10時59分、出目駅が11時08分、吉野生駅が11時21分、真土駅が11時24分、西ヶ方駅が11時35分になる。

宇和島駅では出発前の9時50分から10時20分頃まで、列車の入替と連結作業を行う。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集