【ツアー・オブ・北京14】優勝候補選手、中国の印象を「空がきれいなときは素晴らしい」

モーターサイクル エンタメ・イベント

フィリップ・ジルベール(BMCレーシング)
  • フィリップ・ジルベール(BMCレーシング)
  • フィリップ・ジルベール(BMCレーシング)
2014年ツアー・オブ・北京、10月13日の第4ステージでフィリップ・ジルベール(BMCレーシング)は優勝したダニエル・マーティン(ガーミン・シャープ)から2秒差の3位に入り、わずか3秒差で総合首位を守った。

青空に恵まれたこの日、ジルベールはゴール後、大会のプレスリリースを通じ総合優勝の可能性について次のように語っている。

「どうなるかわからないよ。(ボーナスタイムなど)テクニカルな何かがあるかもね。でも、僕は安全なポジションにいると思う」

14日の最終第5ステージは、天安門広場をスタートし、北京五輪メインスタジアム「鳥の巣」の周囲を12周するコースで争われる。

「すごく特別なことだね。僕はここに来れて、うれしいんだ。最初は『行きたくないな、長い旅だし、シーズンは長かったしね』とか思っていた。でも、今はここでレースを楽しんでいる。空がきれいなときは、すばらしい国だよ。いい経験だ」

「これらの道が僕たちのために封鎖されるのはすごいことだね。偉大な経験だ。ツールでシャンゼリゼを走っている感じに少し似てるね」

【ツアー・オブ・北京14】総合優勝に王手のジルベール「空がきれいなときは、すばらしい国だ」

《光石達哉@CycleStyle》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集