JAXA予算、387億円増の1931億円を要求…先進光学衛星など

宇宙 企業動向

宇宙研究開発機構(JAXA)は、文部科学省がJAXA関連の2015年度概算要求で、前年度の予算額に対して387億円増の1931億円を要求したと発表した。

新規事業としては先進光学衛星として約50億円、光データ中継衛星として約32億円、革新的衛星技術実証プログラムとして約30億円を計上した。

また、「イノベーションハブ」政策の中でJAXAが関係するのは2件。宇宙探査イノベーションハブが約20億円、次世代航空機イノベーションハブが約19億円。

JAXAでは、文部科学省を通して新しい政策の予算を要求している。特に宇宙探査イノベーションハブ、次世代航空機イノベーションハブは、研究開発法人としてハイインパクトな技術研究開発拠点を産学共同で実施し、その中でJAXAは拠点という役割を果たしていく。

JAXAの奥村理事長は「(増額要求となったが)JAXAとしては実施機関として期待に応えられるように推進していきたい」と述べている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集