「円安」関連倒産が急増、燃料価格高騰などで…東京商工リサーチ

自動車 ビジネス 企業動向

東京商工リサーチは、「円安」関連倒産をまとめた。

2014年10月1日の東京外国為替市場では、円が一時、約6年1カ月ぶりに1ドル=110円まで円安が進んだ。

円安に起因する「円安」関連倒産は、2014年1-9月で累計214件、前年同期比140.4%増と前年同期に比べて2.4倍の急増ぶりとなっている。

産業別では、自動車貨物運送業など運輸業の81件が最多で全体の37.9%を占めた。高止まりする燃料価格が影響した。次いで、製造業の44件、卸売業の41件、サービス業他の19件、小売業の11件と幅広い業種に広がっている。

円安の影響は原材料の高騰を招き、収益悪化が中小企業の体力を消耗させる。今後の為替相場の動向によっては収益悪化に加え、さらに価格競争による売上低迷なども懸念される。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集