東武、「アニ玉祭」開催で野田線直通列車運転…10月11日

鉄道 企業動向

東武アーバンパークライン塗装の10000系。この塗色車が一般営業列車として、とうきょうスカイツリーラインに入るのは今回が初めてとなる。
  • 東武アーバンパークライン塗装の10000系。この塗色車が一般営業列車として、とうきょうスカイツリーラインに入るのは今回が初めてとなる。
  • 運転当日は「アニ玉祭」をあしらったヘッドマークが掲出される。
東武鉄道は10月11日、伊勢崎線(東武スカイツリーライン)のとうきょうスカイツリー駅(東京都墨田区)と野田線(東武アーバンパークライン)の大宮駅(さいたま市大宮区)を結ぶ臨時列車『アニ玉祭トレイン』を運行する。

「第2回アマ玉祭(アニメ・マンガまつり in 埼玉)」の開催にあわせ、会場のある大宮まで直通する臨時列車。車両はアーバンパークライン塗装の10000系6両編成を使用する。運行時刻は、とうきょうスカイツリー10時10分発~北千住10時20分発~春日部10時52分発~大宮11時13分着。春日部~大宮間は各駅に停車する。一般営業列車として運転し、事前の申込みなどは不要。普通運賃で誰でも乗車できる。アーバンパークライン塗装の10000系がスカイツリーラインを一般営業列車として運行するのは、今回が初めてになる。

「アマ玉祭」は、埼玉県ゆかりのアニメ・マンガ作品を主体としたイベント。2013年10月に初めて開催された。今回は10月11・12日の2日間、大宮ソニックシティ(大宮駅から徒歩約3分)で開催され、アニメ・マンガ作品の舞台地に関連したコンサートやグッズ販売などが行われる。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集