オークネット、ヤフオク!への連携出品サービスを会員店向けに開始

モーターサイクル 企業動向

サービス概要
  • サービス概要
オークネットは、同社が運営する二輪車共有在庫サイト「モト・バザール」について、「ヤフオク!」への連携出品サービスを11月より会員店向けに開始すると発表した。

新サービスでは、共有在庫「モト・バザール」に登録した車両をスムーズに「ヤフオク!」へ出品できるほか、「AIS」車両検査情報が品質評価書としてヤフオク!出品ページに掲載される。これにより、ユーザーはより透明性の高い中古車を購入することが可能となる。

さらに、ユーザーが安心して遠方からでも中古車を購入できるよう、車両保証や陸送サービスおよび長期低金利ローンサービスなども同時に提供。ヤフオク!ユーザー向けの販売機会を拡大する。

また、ヤフオク!サイト内に新たに「バイクの窓口プレミアムストア」を開設。ヤフオク!への出品を希望する会員は、同ストアへ登録することで出品の手間を省き、いつでも出品が可能となる。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集