パナソニック、インドで自動車向け鉛蓄電池を製造する合弁会社を設立…年産200万個

自動車 ビジネス 企業動向

パナソニックとインドのミンダインダストリーズは、鉛蓄電池を開発・製造する合弁会社を設立することで合意した。

新会社は「パナソニック・ミンダ・ストレージバッテリー・インド」で資本金は16億ルピー。パナソニックが60%、ミンダが40%出資する。

高い経済成長を続けるインドは、鉛蓄電池市場も拡大が見込まれている。新会社はパナソニックの鉛蓄電池の生産・品質管理に関するノウハウ・技術と、両社の顧客基盤を活用し、インドで二輪車・自動車向け、UPS用途の蓄電池需要に対応する。

新会社は当局の承認を得て11月設立を目指す。二輪車・四輪車用鉛蓄電池などを年産200万個製造する工場を新設し、2018年から操業する予定。従業員数は2018年に約500人の予定。

パナソニックは現在、日本以外ではタイと中国(遼寧省瀋陽市)で鉛蓄電池の生産拠点を持つ。インドに新会社を設置することで、海外における鉛蓄電池事業の拡大を目指す。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集