青い森鉄道、車両基地の一般公開イベント開催…10月19日

鉄道 企業動向

青い森鉄道は10月19日に車両基地の一般公開イベント「青い森鉄道まつり2014」を開催する。写真は昨年の「青い森鉄道まつり2013」の様子。
  • 青い森鉄道は10月19日に車両基地の一般公開イベント「青い森鉄道まつり2014」を開催する。写真は昨年の「青い森鉄道まつり2013」の様子。
  • 「青い森鉄道まつり2014」では保守用車両の乗車体験なども行われる。写真は昨年の軌陸車乗車体験の様子。
  • 「青い森鉄道まつり2014」では保守用車両の乗車体験なども行われる。写真は昨年のレールスクーター乗車体験の様子。
  • 「青い森鉄道まつり2014」では保守用車両の乗車体験なども行われる。写真は昨年のレールスクーター乗車体験の様子。
  • 「青い森鉄道まつり」は会場を青森市内の運輸・設備管理所に移してから今年で4回目になる。写真は昨年の様子。
  • 「青い森鉄道まつり2014」の案内。昨年の来場者数は過去最高の約2000人を記録したという。
青い森鉄道は10月19日、青森市内にある車両基地「運輸・設備管理所」の一般公開イベント「青い森鉄道まつり2014」を開催する。開催時間は9時30分から15時30分まで。

今回は「手作りをたのしもう」というテーマのもと、同社アテンダントの企画を中心に展開する。青い森鉄道のキャラクター「モーリー」を紙粘土で手作りする体験イベントのほか、パネル展示によるクイズコーナー、ミニSLの乗車体験、レールスクーター・軌陸車・洗浄車両の乗車体験などを行う。

当日は青森駅と運輸・設備管理所を結ぶアクセス列車も運行する。発車時刻は往路の青森発が9時41分頃と10時36分頃、復路の運輸・設備管理所発が14時05分頃と15時45分頃。運賃は無料で事前の申込みも不要だ。

「青い森鉄道まつり」は2003年から三戸駅などで開催されていたが、2010年に経営区間が目時~青森間に拡大したのに伴い、翌2011年から現在の運輸・設備管理所に会場を移した。青い森鉄道によると、2013年の来場者数は過去最高の約2000人を記録している。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集