住友三井オートサービス、さくら薬局に超小型EV コムス を納入

エコカー EV

住友三井オートサービスは、クラフト(さくら薬局)に、リース車両としてトヨタ車体の超小型モビリティ『コムス』を納入すると発表した。

クラフトは、調剤薬局チェーンの草分けとして1983年に「さくら薬局」を出店し、全国に展開。他社に先駆けての「24時間処方箋応需体制」「在宅介護支援」など、医療サービスを総合的に提供するヘルスステーションとしての機能を発揮している。

今回の導入にあたり、クラフトでは在宅医療支援にあたり、患者の自宅を訪問する際に使用する車両について、環境にやさしい超小型モビリティを活用することで、周辺地域への騒音低減及び排気ガス防止に繋げたいとしている。

住友三井オートサービスでは、今回、コムスを導入するクラフトに対し、導入前の諸手続きから導入後の運用に至るまで円滑なサポート取組を行う。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集