ボーイング、民間機納入は前年同期より16機増の186機…7-9月期

航空 企業動向

ボーイング737-800
  • ボーイング737-800
ボーイングが発表した2014年第3四半期(7-9月)の納入実績によると、民間航空機の納入機数は186機と前年同期より16機増えた。

機種別では、次世代機『737』が最も多く120機だった。次いで『787』の31機、『777』の27機と続く。『747』は6機、『767』が2機だった。

今年1月から9月までの累計は前年同期より52機多い528機となった。

また、航空・宇宙・安全保障部門の第3四半期の納入実績は、『チヌーク』が14機、『アパッチ』が11機、『F/A-18E/F』と『EA-18G』が13機だった。空中早期警戒管制機(AEW&C)が1機、『C-17』が2機、『F-15』が2機、『P-8』が4機で、衛星が1機だった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集