【パリモーターショー14】キア ソレント 新型、ワールドプレミア…中型SUVが3世代目に

自動車 ニューモデル モーターショー

新型 キア ソレント (パリモモーターショー14)
  • 新型 キア ソレント (パリモモーターショー14)
  • 新型 キア ソレント (パリモモーターショー14)
  • 新型 キア ソレント (パリモモーターショー14)
  • 新型 キア ソレント
  • 新型 キア ソレント
  • 新型 キア ソレント
  • 新型 キア ソレント
  • 新型 キア ソレント
韓国キアモーターズ(起亜自動車、以下、キア)は10月2日、フランスで開幕したパリモーターショー14において、新型『ソレント』をワールドプレミアした。

初代ソレントは2002年に発売。キアのミドルクラスSUV。現行の2代目ソレントは2009年4月、ソウルモーターショー09で発表。今回、パリモーターショー14でワールドプレミアされた新型ソレントは、3世代目モデルとなる。

新型のボディサイズは、全長4780mmと先代比で95mm拡大。ホイールベースも80mm伸び、2780mmになった。全高は15mm低い1685mm。キアによると、新開発のボディシェルが、乗り心地やハンドリング性能、衝突安全性を向上させているという。

新型の外観は、2013年のシカゴモーターショー13に出品したコンセプトカー、『クロスGT』のモチーフを反映させたもの。韓国、ドイツ、米国のデザインスタジオが連携して、新しいキアのデザインの方向性を打ち出した。フロントマスクは、キア独自の「タイガーノーズ」グリルを、さらに大型化、直立化した新デザイン。インテリアは、品質とデザインを追求。NVH性能も引き上げられた。

搭載エンジンは、ガソリンが2.2リットルと3.3リットル、ターボディーゼルが2.0リットルと2.2リットル。最大出力は172psから270psを発揮する。欧州向けには、2.4リットルガソリン、2.0および2.2リットルのターボディーゼルを設定する。

キアは、「先代の成功を土台に、新型ソレントは個性的なデザイン、優れた機能性や技術を提示した」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集