ガリバー、大型展示場 WOW!TOWN を信越に初出店…170台を展示

自動車 ビジネス 企業動向

WOW!TOWN新潟
  • WOW!TOWN新潟
  • 店内イメージ
ガリバーは、10月4日に信越地方初の「WOW!TOWN新潟」をオープンする。

1994年にクルマの「買取専門店」から始めたガリバーは2008年より「小売り」を強化し、2012年に初の大型展示場を千葉県習志野市にオープン。その後、大阪府箕面市、埼玉県大宮市と出店し、WOW!TOWN新潟は大型展示場の4店舗目となる。

WOW!TOWNは「クルマ選びのテーマパーク」をコンセプトに、気軽に入りたいというユーザーニーズに応えるかたちで展開。「FAMILY」「ACTIVE」「ECO&ECO」「FASHION」「DRIVING PLEASURE」という5つのゾーンを巡りながら自分に合うスタイルを探せるほか、カフェやラウンジ、大きなキッズルームなどを用意する。クルマ離れと言われている中、2012年にオープンした「WOW!TOWN幕張」は年間2万7000人以上の来場客を集めたという。

今回出店する新潟市の商圏は70~80万人だが、新潟は新車の購入意向が強いエリアで、新車購入層が60%以上のWOW!TOWNと相性が良いとの判断で出店を決定した。

WOW!TOWN新潟の敷地面積は2598坪(8588平米)、屋外150台、屋内20台、計170台の新車・中古車を展示する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集