インド政府、電動リクシャーでの営業を許可

エマージング・マーケット インド・南アジア

10月1日、電動リクシャーの公道での走行および営業が、最大時速25キロメートル以下の三輪自動車における特別枠として認められたと、エコノミックタイムスが伝えた。

デリー高等裁判所はかつて、安全上の問題から電動リクシャーの営業を禁止していた。

しかし運輸省道路ハイウェイ局は、電動リクシャーは乗客輸送のための最終的な手段であり、三輪でバッテリーを有する特別な目的のために使用される乗り物であると定義した。

政府は同時にこの乗り物に対して、乗客はドライバーを除き4名まで、荷物の総重量は40kgまでと想定している。
編集部

編集部おすすめのニュース