ポルシェ パナメーラ の全周囲カメラシステム、クラリオンが共同開発

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

クラリオンの全周囲俯瞰カメラシステム・サラウンド ビュー
  • クラリオンの全周囲俯瞰カメラシステム・サラウンド ビュー
  • クラリオンの全周囲俯瞰カメラシステム・サラウンド ビュー
  • クラリオンの全周囲俯瞰カメラシステム・サラウンド ビュー
  • ポルシェ パナメーラ
クラリオンは、ポルシェと共同開発した全周囲俯瞰カメラシステムの提供を、『パナメーラ』向けのメーカーオプションとして、2014年モデルから開始したと発表した。

全周囲俯瞰カメラシステムは、クラリオン独自の画像処理技術をベースにポルシェのエンジニアチームと共同で開発したもの。フロント、リア、サイド(左右)の4か所に装着したカメラから取り込んだ画像を補正・加工することで高精細、高精度な俯瞰画像表示等を実現しており、最大21の組み合わせパターンから選択できる。

縦列駐車、車庫入れ、狭い道路の運転といった事故リスクが高い場面に直面しているユーザーに対し、クラリオンとポルシェは、ドライバーの死角や運転中の予期せぬアクシデントを低減することで、運転中のストレスを軽減、安心・安全で快適なドライブを同システムを通じ提供する。

なお、日本発売のパナメーラには、クラリオン製のカーナビゲーションシステムが標準装着されており、ナビゲーションのタッチパネルからユーザーが最適な画像を簡単に選択することができる。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集