日産、アフリカ・中近東・インド地域の役員体制を変更

エマージング・マーケット 中東・アフリカ

関連画像
  • 関連画像
事業戦略を加速させる成長市場
カルロス ゴーン社長兼最高経営責任者(CEO)の下、世界各国に拠点を置く日産自動車は、アフリカ、中近東、インド地域の理事と、マネージング・ダイレクターを変更する役員体制を発表した。10月1日付。

アフリカ、中近東、インド地域は、日産自動車の事業戦略を加速させる成長市場。体制変更により、同地域における事業をさらに強化する。

顧客満足度向上、ブランド強化目指す
現日産エジプトモーター社マネージング・ダイレクターの南部一孝氏が理事に就任し、アフリカ、中近東、インド地域の販売と、マーケティングを統括する。また、現職務についても継続する。

現インド事業統括副責任者のギオーム・シカルド氏はインド事業統括責任者に就任する。インドのマネージメントコミッティ議長となり、生産やマーケティング、販売ネットワーク、アフターセールスなど、インドで展開するすべての事業活動の責任者となる。

現中東日産会社マネージング・ダイレクターのサミール・シェルファン氏は、サウジアラビアにおける販売業務を担う新会社「サウジアラビア日産会社」のマネージング・ダイレクターに就任する。現職務についても継続する。

現インド事業統括責任者の余村健一郎氏は、日産自動車アフリカ事業部担当部長に就任する。

アフリカ、中東、インド地域を統括する日産自動車、専務執行役員の秦孝之氏は、引き続き顧客満足度向上と、ブランド強化を目指して同地域での事業拡大を先導していく方針を明言している。
《アフリカビジネスニュース》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集