住友ゴム、結婚や出産による退職者が復職できる制度を開始

自動車 ビジネス 企業動向

住友ゴム工業は、10月1日から正社員を対象とした退職者復職制度「JOBリターン制度」を導入した。

「JOBリターン制度」は結婚、出産、育児、介護や配偶者の転勤など、やむを得ない家庭の事情で退職した社員が、正社員として復職できる制度。育児休業や介護休業と併せて、社員の仕事と家庭の両立を支援する。

対象は正社員として満3年以上の勤続経験者で、今年10月1日以降の退職者で、離職期間10年以内。

復職時には、転勤を伴わないコースが選択できるなど、多様な働き方に柔軟に対応することで、社員が自身の生活に合わせてキャリア形成してもらう。

同社では、長期ビジョン「VISION2020」で掲げている「全社員の幸せを追及する」の実現に向け、社員一人ひとりが安心して働ける仕組み作りや環境整備、人材の有効活用を推進していく。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集