元 日産 のアンディ・パーマー氏、アストンマーティン の新CEOに就任

自動車 ビジネス 企業動向

アストンマーティンの新CEOに就任したアンディ・パーマー氏
  • アストンマーティンの新CEOに就任したアンディ・パーマー氏
  • アストンマーティンの新CEOに就任したアンディ・パーマー氏
  • アストンマーティンの新CEOに就任したアンディ・パーマー氏
英国の高級スポーツカーメーカー、アストンマーティンは10月1日、アンディ・パーマー氏が新CEO(最高経営責任者)に就任した、と発表した。

アンディ・パーマー氏は英国出身で、現在51歳。1986年、オースチン・ローバー社に入社し、その後、ローバーグループのトラスミッションのチーフエンジニアに起用された。

1991年、日産自動車に転職。日本を拠点に、13年間活躍してきた。日産での直近の地位は、副社長そしてチーフ・プランニング・オフィサー。自動車業界での経験は、35年に渡る。

アンディ・パーマー新CEOは、前任のウルリッヒ・ベッツCEOの跡を受け継ぎ、アストンマーティンの経営の舵を取ることに。

アンディ・パーマー新CEOは、「アストンマーティンから誘いを受けた際、そのブランド力や認知度、今後の可能性を考慮すると、断るのは不可能だった。次世代のアストンマーティンの商品を、全員で作っていく」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集