熱海の海と街をバックにクラシックカー300台が整列…東京からの送迎バスも旧車

自動車 ビジネス 国内マーケット

熱海HISTORICA G.P.2014開催
  • 熱海HISTORICA G.P.2014開催
  • 熱海HISTORICA G.P.2014開催
  • 熱海HISTORICA G.P.2014開催
  • 熱海HISTORICA G.P.2014開催
  • アルビス
  • アルファロメオ・ジュリアSS
  • ランボルギーニ・カウンタック5000QV
  • フィアット・アバルト124ラリー
9月27日から28日にかけて、クラシックカー展示イベント「熱海HISTORICA G.P.2014」が開催された。主催は熱海HISTORICA G.P.実行委員会。

これまで1日での開催(翌日は一部参加者のみ早朝のヒルクライムを開催)だったが、第3回目となる今回からは、翌日も熱海市内での車両展示を行うことになった。

初日はこれまでと同様、長浜海浜公園(静岡県熱海市)に300台近い車両を展示。会場には、地元熱海市長や熱海警察署所長も来賓として駆けつけたほか、周辺の旅館なども積極的に出店。多くの来場者とともに賑わいを見せた。

さらに、熱海への集客につながればと、東京からチャーターバスを運行。このバスも1981年式日野『RC701P』で、このイベントにエントリーした車両でもあった。

翌朝は恒例となった、“Red Tail Hill Challenger’s cup”と題したヒルクライムだ。これは速さを競うのではなく、1回目と2回目の走行タイムの誤差を競うもので、今回のトップの誤差は0.5秒という驚異的なものであった。

さて、2日目はマインスパあたみと熱海港臨港道路へ会場を移し、100台ほどの車両展示だ。マリンスパあたみと熱海港臨港道路間は無料送迎バスを運行するという配慮がなされた。家族連れを含む数多くの来場者が訪れ、クラシックカー越しに眺める熱海の海と街並みを楽しんでいた。

来年も9月26日から27日にかけて開催する予定だという。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集