ミャンマーのゴールデンタイムに、日本のよさをPRする専門番組

エマージング・マーケット 東南アジア
関連画像
  • 関連画像
日本を紹介する「SHIKI-ORIORI(四季折々)」がスタート
スカパーJSAT 株式会社が運営する海外向け日本コンテンツ専門チャンネル「WAKUWAKU JAPAN」は、総務省の平成 25 年度補正予算による「放送及び動画配信プラットフォームを活用した映像コンテンツの海外展開に関するモデル事業」の一つとして、衛星放送を活用したコンテンツ発信のための放送局に決定。

それにより「WAKUWAKU JAPAN」では、日本の自然や祭り、食、伝統文化などの観光資源から先端技術や産業製品に至るまで、多彩な日本を紹介する「SHIKI-ORIORI(四季折々)」を11月より開始する。

「WAKUWAKU JAPAN」は今年2月にインドネシアで開局し、現在ではミャンマーでも視聴が可能となっている。

(画像はWAKUWAKU JAPANより)

地域活性化に貢献
「SHIKI-ORIORI(四季折々)」は11 月 3 日から 2015 年 3 月 28 日までの約 5 ヵ月間にわたり計 125 時間の放送を予定。

ミャンマーとインドネシアの人が多くテレビを視聴する時間帯である午後 6 時~7 時(インドネシア時間)の固定枠に編成され、毎週月曜日から土曜日に放送される。

日本の魅力を発信することで日本に対する興味や関心が高まり、日本製品やサービスへの消費拡大、または、日本各地への観光客増加など、地域活性化に貢献することを目的としている。

「SHIKI-ORIORI(四季折々)」を見て、より多くの人が日本に興味を持ち訪れることを願う。

【スカパーJSAT】11月よりミャンマーで日本コンテンツ専門番組を開始

《ミャンマーニュース》