プロトン、小型ハッチバック アイリス 発表…プロドゥア マイヴィ に挑む

エマージング・マーケット 東南アジア

マレーシア国民車メーカーのプロトン・ホールディングスは25日、ペラ州のタンジョン・マリムにある「プロトン・シティー」で新型コンパクトカー、5ドアハッチバックの『アイリス』を発表した。

アイリスは、プロトンが世界戦略車として開発したもので、エンジン排気量は1.3リットルと1.6リットルの2種類を用意。「スタンダード」、「エグゼクティブ」、「プレミアム」の3グレードを設定し、車体カラーは7色を揃えた。ABSやEBDなどの安全装備、エアバッグ、アルミホールを標準装備している。燃費は1.3リットルMT車で最高15.2km/リットルを達成した。

価格は最も安い「スタンダード」1.3リットルのMT車(ソリッド・カラー)で4万2438リンギ。最高級の「プレミアム」1.6リットルのAT車(メタリック・カラー)で6万2888リンギとなっている。

プロトンは、これまで同じ国民車としてプルサハアン・オトモビル・クドゥア(プロドゥア)とは住み分けを図ってきたが、今回初めてプロドゥアのベストセラーモデル『マイヴィ』とぶつかる。価格はほぼマイヴィと同等で、装備の良さを武器にマイヴィの牙城に挑む。

プロトンはアイリス発売に合わせ、27、28日にセランゴール州シャアラムにある「プロトン・センター」で一般を対象としたカーニバルを開催する。
伊藤 祐介

編集部おすすめのニュース

特集