【鉄道の日】JR東日本、松本駅でイベント…『リゾートビューふるさと』出発式など

JR東日本長野支社は10月12日、「鉄道の日」を記念したイベント「鉄道の日フェア」を松本駅(長野県松本市)で開催する。開催時間は10時から15時まで。

鉄道 企業動向
松本駅の「鉄道の日」イベントは10月12日に開催。『リゾートビューふるさと』の出発式などが行われる。
  • 松本駅の「鉄道の日」イベントは10月12日に開催。『リゾートビューふるさと』の出発式などが行われる。
JR東日本長野支社は10月12日、「鉄道の日」を記念したイベント「鉄道の日フェア」を松本駅(長野県松本市)で開催する。開催時間は10時から15時まで。

2番線ホームではHB-E300系気動車で運転されている臨時快速『リゾートビューふるさと』の出発式を10時25分から20分間開催。0番線ホームでは485系改造車「彩」の展示、松本駅の職員が撮影した鉄道写真展、各種グッズや駅弁の販売などが行われる。駅弁は「彩」の車内で食べることができる。

なお、「彩」は9時40分から約45分間、入換車両体験乗車にも使われる。こちらは親子50組を募集する。また、12時30分から約3時間、鉄道の仕事を見学する「親子鉄道探検隊」が行われ、親子45組90人を募集する。入換車両体験乗車と「親子鉄道探検隊」ははがきによる申込みが必要。締切は9月30日(当日消印有効)。

このほか、駅ビル「MIDORI」4階ではNゲージの展示、自由通路では鉄道車両部品の販売(発売順序は抽選で決定)、駅構内とMIDORIでは先着200人を対象に10時から15時までスタンプラリーが行われる。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集