【リコール】スマート フォーツー…エンジンが再始動できないおそれ

自動車 ビジネス 企業動向
【リコール】スマート フォーツー…エンジンが再始動できないおそれ
  • 【リコール】スマート フォーツー…エンジンが再始動できないおそれ
メルセデス・ベンツ日本は9月24日、スマート『フォーツークーペ』などのベルトドライブシステムに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、『フォーツークーペ』『フォーツー カブリオ』の2車種で、2008年9月22日~2014年5月21日の間に輸入された4200台。

エンジンのベルトドライブの設計が不適切なため、Vベルトが早期に摩耗するものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けるとベルトが切れ、オルタネータやウォーターポンプが停止して警告灯が点灯し、最悪の場合、エンジンが再始動不能となるおそれがある。

全車両、Vベルトを新品、クランクシャフトプーリを対策品に交換する。また、オルタネータの取付けボルト等を新品または対策品に交換。さらに、エンジンコントロールユニットを対策したソフトウェアに変更する。

不具合は42件発生、事故は起きていない。市場からの報告で発見した。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集