【USAプロチャレンジ14】地元コロラド勢が活躍 バンガーデレンが総合2連覇、第7ステージはガーミンのハウズが優勝

2014年USAプロチャレンジ(UCIアメリカツアー2.HC)は、最終日の8月24日にコロラド州のボルダー~デンバー間の126.2kmで第7ステージが行われた。前半に3級山岳を越えた後は、ほぼ平坦なコースだ。

エンターテインメント イベント
2014年USAプロチャレンジ第7ステージ、ティージェイ・バンガーデレン(BMCレーシング)が総合優勝
  • 2014年USAプロチャレンジ第7ステージ、ティージェイ・バンガーデレン(BMCレーシング)が総合優勝
  • 2014年USAプロチャレンジ第7ステージ、ティージェイ・バンガーデレン(BMCレーシング)が総合優勝
  • 2014年USAプロチャレンジ第7ステージ、アレックス・ハウズ(ガーミン・シャープ)がステージ優勝
  • 2014年USAプロチャレンジ第7ステージ、アレックス・ハウズ(ガーミン・シャープ)がステージ優勝
  • 2014年USAプロチャレンジ第7ステージ
  • 2014年USAプロチャレンジ第7ステージ、ティージェイ・バンガーデレン(BMCレーシング)が総合優勝
  • 2014年USAプロチャレンジ第7ステージ、ティージェイ・バンガーデレン(BMCレーシング)が総合優勝
2014年USAプロチャレンジ(UCIアメリカツアー2.HC)は、最終日の8月24日にコロラド州のボルダー~デンバー間の126.2kmで第7ステージが行われた。前半に3級山岳を越えた後は、ほぼ平坦なコースだ。

スタート直後、イェンス・フォイクト(トレックファクトリーレーシング)、マイケル・ロジャース(ティンコフ・サクソ)ら12人が飛び出し、最大2分30秒のタイム差を開く。この逃げは3級山岳の上りでバラバラになり、先頭は5人に絞られる。

メイン集団はキャノンデール、BMCレーシング、ガーミン・シャープがコントロールし、タイム差を削り取っていく。

終盤のデンバーの周回コースに入ると、先頭5人からこれが現役最後のレースとなるフォイクトとハビエル・メヒアス(ノボノルディスク)がアタック。しかし、残り10kmで惜しくもメイン集団に捕えられる。

その後もアタック合戦が繰り広げられるが、最後に集団はまとまり、ゴールスプリント勝負に。地元コロラド出身のアレックス・ハウズ(ガーミン・シャープ)がキエル・レイネン(ユナイテッドヘルスケア)を僅差で抑えて、ステージ優勝を挙げた。3位はミカエル・シェアー(BMCレーシング)。

ハウズは「今日は最初の周回コースで、僕の家の前を文字通り4回通り過ぎたんだ。家族全員が外で見ていたよ。作戦は峠を越えて、フィニッシュまで全開で行くことだった。うまくいくかどうかはわからなかったよ。僕の地元の州で、チームは集団先頭で一生懸命走ってくれた。負けることはできなかった」と地元での勝利を喜んだ。

総合順位には変動はなく、ティージェイ・バンガーデレン(BMCレーシング)が総合優勝2連覇を達成した。

同じくコロラド出身のバンガーデレンは「今週は本当に最高だった。ここはまさに僕の地元で、合宿しているみたいに感じるよ。本当に楽しいんだ。友達全員とレースしているような気分だった。これをヨーロッパのチームメイトと共有できたのは楽しかったよ」と満足そうに語っていた。
《光石達哉@CycleStyle》

特集