ヤンゴンでも“テラスハウス”現象…好立地のシェアハウスに若者殺到

日本のために躍進する若者を排出する場シェアハウス「BNG荘」は、株式会社BNGパートナーズが運営するMCDS(Myanmar Career Development Service)のサービスの…

エマージング・マーケット 東南アジア
日本のために躍進する若者を排出する場
シェアハウス「BNG荘」は、株式会社BNGパートナーズが運営するMCDS(Myanmar Career Development Service)のサービスの一つ。

インターネットでは見つけられない情報をはじめ、生活情報やマーケット、ビジネスモデルなど多彩なミャンマー情報を共有して、日本のために大きく飛躍する若者を輩出する場として提供されている。

BNG荘はヤンゴンのチャイナタウンにあり、ボージョーマーケットまで徒歩10分、スーパーマーケットまで10秒、観光客が集まる19thストリートなどの飲み屋街までは30秒の好立地。

(画像はMyanmar Career Development Serviceより)

シェアハウスのメリットとデメリット
シェアハウスは日本国内でも増え、若者を中心に活用されている。一番のメリットは「滞在費の節約」であろう。ヤンゴンでも不動産価格の高騰に伴い滞在費が上昇しているため、ありがたいサービスだ。

その上、シェアルームとは違い共有スペースと個人スペースとに分かれているため、プライバシーが守られている。

BNG荘では、インターネットやキッチン、シャワールーム、トイレ、冷蔵庫、洗濯機などを共有。個人スペースにはベッドやシーツ、デスク、エアコンなどが完備され、滞在する当日からすぐに生活を始めることが可能。

また、同じような志を持つ同居人との情報交換ができ、仲間も増え、多様なチャンスが生まれる可能性も秘めている。

一方、生活感や活動時間の違う他人との共同生活にストレスを感じたり、摩擦が生じることもあるかもしれない。

しかしこれらのデメリットは、ルールを決めるなどの工夫で問題を最小限に留めることができるだろう。

若者が集結するヤンゴンのダウンタウンにあるシェアハウス「BNG荘」

《ミャンマーニュース》

編集部おすすめのニュース