ドライバーの8割が早期点灯を実践、ただし過半数はスモールランプ…JAF調べ

JAF(日本自動車連盟)は、自動車のヘッドライトの使用実態やユーザーの意識について調査を実施。その結果を発表した。

自動車 社会 社会
JAF(日本自動車連盟)は、自動車のヘッドライトの使用実態やユーザーの意識について調査を実施。その結果を発表した。

調査は18歳以上の自家用自動車ユーザーを対象にインターネットによるアンケート調査を2014年8月に実施、2444人から回答を得た。

調査結果によると、70%のユーザーは、ヘッドライトの点灯を周囲の暗さ(または陽の傾き)によって判断。「日没より早めに点灯」「日没と同時に点灯」「日没後の薄明るさが残っている頃に点灯」と回答したユーザーは合計で87%だった。また、早めのライト点灯を実践していると回答したユーザーは81%に達し、多くのユーザーは早期点灯を心がけていることが伺える。

しかし、早期点灯を実践していると回答したユーザーの中でも、ヘッドライトを点灯しているユーザーは40%に留まり、スモールランプやフォグランプを点灯しているユーザーが過半数(51%)に達した。

早めのライト点灯を実践していない理由としては、「点灯すべきタイミングが明確でないことが困る」との回答が最多(54%)で、「電力消費が多くなるのが困る」(19.1%)、「自分だけ率先して点灯することに抵抗を感じる」(18.6%)がそれに続いている。

今後、JAFでは、日没前後の灯火類の点灯状況を把握するため全国で実態調査を行い、アンケート調査で得られた課題を踏まえつつ、事故防止に効果的な早期点灯を推進すべく啓発活動を積極的に行っていく予定だ。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集