交差点で路外に逸脱して単独衝突、ドラッグ使用疑いで男逮捕

自動車 社会 社会

16日午後3時15分ごろ、愛知県豊田市内の県道を走行していた軽トラックが交差点を進行中に道路左側の路外に逸脱。交差点のコーナー部分に設置されたガードパイプに衝突する事故が起きた。運転していた42歳の男は危険ドラッグを吸引した疑いで逮捕されている。

愛知県警・豊田署によると、現場は豊田市生駒町付近の側道で、片側1車線の直線区間。軽トラックは赤信号を無視して交差点に進入。斜行するようにして道路左側の路外に逸脱。交差道路を挟んで反対側のコーナー部分に設置されたガードパイプに衝突した。

運転していた刈谷市内に在住する42歳の男の着衣ポケットからは危険ドラッグ(脱法ハーブ)とみられる植物片の入った袋と、吸引用器具が発見されており、警察は運転前のドラッグ吸引による薬物影響で正常に運転できなかったものと判断。男を道路交通法違反(過労運転禁止)の現行犯で逮捕している。

聴取に対して男は「ドラッグは持っていただけで、事故当日は使っていない」、「ただの居眠り運転だ」などと主張しているようだ。警察では押収した植物への成分分析と入手ルートの解明を急ぐとともに、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集