日通商事、ジョホールで100%子会社を設立

日通商事は17日、東南アジアにおける事業強化の一環として、6月にジョホールバルに100%日通商事出資の子会社を設立、9月から業務を開始したと発表した。

エマージング・マーケット 東南アジア
日通商事は17日、東南アジアにおける事業強化の一環として、6月にジョホールバルに100%日通商事出資の子会社を設立、9月から業務を開始したと発表した。

日通商事(マレーシア)は、顧客のニーズに応えるため完成品・部品の調達業務を中心に物流関連サービスを提供する。取扱い商品は電気・電子商品(E&E)からバイオマス燃料まで様々な商品を取り扱い、海外及び国内向けにサービスを行う。

同社は2008年10月に現地の顧客に対応したトレーディング・サポート・サービスやマーケティングを行うためジョホールバルに駐在員事務所を設立していた。
広瀬やよい

編集部おすすめのニュース

特集