トヨタ、インド小型車戦略で地方を強化 

エマージング・マーケット インド・南アジア

トヨタ・エティオス リーバ
  • トヨタ・エティオス リーバ
トヨタは競合するマルチ・スズキやヒュンダイ・モーターの販売戦略の成功を受けて、コンパクトカーの売上向上のため地方での販売強化を計画している。

日本の自動車メーカーであるトヨタは現在、バンガロールを拠点とするキルロスカルグループとジョイントベンチャーを組んでいるが、地方での販売部門を強化するマーケティング計画によって、2年間の低迷の時期を経て徐々に改善を見せている。

トヨタ・キルロスカル・モータースの石井直己事務局長は「インドは巨大な市場であり、さらなる車種の参入を考えて我々は地方を強化するという新たな販売戦略を開始している」と語った。

また、「我々が地方の価値ある商品を求める顧客にとって適正な価格であり理想的な商品であるとして選んだのがコンパクトモデルのLivaである」とし、地方市場が占める割合は現在のところほんのわずかであるが、今後数年のうちにその割合は倍になるであろうとエコノミックタイムスに対して話している。
編集部

編集部おすすめのニュース

特集