フェンスを突き破り20m下の川へ、車両転覆で3人死傷

15日午前9時30分ごろ、宮崎県日向市内の国道327号を走行していた軽乗用車が対向車線側へ逸脱。道路右側の金属製フェンスを突き破り、約20m下を流れる川へ転落する事故が起きた。この事故で3人が死傷している。

自動車 社会 社会
15日午前9時30分ごろ、宮崎県日向市内の国道327号を走行していた軽乗用車が対向車線側へ逸脱。道路右側の金属製フェンスを突き破り、約20m下を流れる川へ転落する事故が起きた。この事故で3人が死傷している。

宮崎県警・日向署によると、現場は日向市東郷町付近で片側1車線の緩やかなカーブ。軽乗用車は左カーブを曲がりきれずに対向車線側へ逸脱。そのまま道路右側の金属製フェンスを突き破って藪に突っ込み、約20m下の川まで転落した。

クルマは転覆中破。同乗していた90歳と59歳の女性は近くの病院へ収容されたが、全身強打が原因でまもなく死亡。運転していた延岡市内に在住する63歳の女性も胸部打撲の重傷を負っている。

クルマは橋のたもと付近で路外に逸脱していた。警察では運転者がハンドル操作を誤ったものとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集