BASF、中国に自動車用塗料の原料の生産ラインを新設

自動車 ビジネス 企業動向
BASFは、中国・カオジンに、ヘキサメチレンジイソシアネート(HDI)ベースのポリイソシアネートの生産ラインを新設した。

中国のカオジンには2006年に脂肪族イソシアネートの生産プラントを開設しており、今回が2つ目の生産ラインとなる。アジア太平洋地域の生産拠点を強化する。

新しい生産プラントは、脂肪族イソシアネートの原材料を入手しやすくし、市場規模が大きいアジア地域と緊密であることから中国に新設した。高性能樹脂に対する市場の需要増加に確実、柔軟に対応する。また、アジア太平洋地域で急速な市場変化にも対応して、適正な製品ラインナップの供給安定性を高める。

新たな生産ラインでは、車両用塗料分野(自動車用塗料、自動車補修用塗料、部品)、工業用塗料、接着剤向けを対象に「バソナート」の製品ブランドのもと、主にビウレットとイソシアヌレートを生産し、アジア太平洋地域全体に提供していく予定。

BASFは、2020 年までに、アジア太平洋地域で販売する製品の約75%を現地生産することを目指している。この目標を達成するため、BASFとパートナー企業は2013~ 2020年に100 億ユーロを投資し、アジア太平洋に現地生産拠点をさらに広げていく計画。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集