致死率90%…エボラ感染者の末路を知る医師が、奇跡的な生還

エボラ出血熱空奇跡の生還今年3月からアフリカ地域で感染が拡大しているエボラ出血熱から9月3日奇跡の生還をアメリカ人医師がはたした。 エボラ出血熱の致死…

エマージング・マーケット 中東・アフリカ
エボラ出血熱空奇跡の生還
今年3月からアフリカ地域で感染が拡大しているエボラ出血熱から9月3日奇跡の生還をアメリカ人医師がはたした。

エボラ出血熱の致死率が現在最大90%を越えてきているなか、末だ有効な治療法は確立していない。

アメリカ人医師ケント・ブラントリーさんはエボラ出血熱の診療センターの責任者をしていて、7月23日にエボラ出血熱を発症。

自身が今までエボラ出血熱の患者の処置をしていたことで、ブラントリーは「この病気にかかるとどんな経過をたどってどんな最期を迎えるのか、私には分かってしまった」(CNNより引用)と当時の絶望的な気持ちをかたった。
しかしブラントリーさんは、死の恐怖を乗り越え奇跡の生還をはたした。
(画像はイメージです)

冷たい視線を浴びる生還者
ブラントリーさんのように、奇跡の生還を喜ばれるものばかりではない。

エボラ出血熱から生還した人が、まだ人にうつす可能性があると思っている人もおり、そのことで仕事をやめなければいけない人、街に出れば冷たい視線を浴びたり冷遇されている。

これは、エボラ出血熱に対する知識が不足していることが原因だ。エボラ出血熱の感染源を白人が持ち込んでいると思っていて、治療施設がエボラ出血熱の実験施設と思っているものもいるようだ。
そのような状態なので、治療を拒む人や発病を隠す人などもいるため、病気の拡大につながっている。

適切な対応をするためには、人々に広くこの病気の症状や対策を認知してもらうのも、拡大を食い止める一つの手になるのではないだろうか。

エボラ出血熱 奇跡の生還

《アフリカビジネスニュース》

編集部おすすめのニュース