NTT、ブラウザ上での音声認識を実用化…騒音に強くソフトも不要

エンターテインメント 話題

端末のマイクデバイスからの音声取得を実現
  • 端末のマイクデバイスからの音声取得を実現
  • 高精度な音声区間検出
  • “SpeechRec for Browser”イメージ
 日本電信電話(NTT)は11日、事前のソフトウェアのインストール不要で、さまざまなHTML5ブラウザ上で高精度な音声認識を利用可能とする技術を開発したことを発表した。

 W3Cで仕様策定が進められているJavaScript APIを組み合せることで、端末種別・OSの違いによらず、HTML5ブラウザから音声認識を使ったサービスの利用が可能とのこと。周囲騒音に頑健な音声区間検出機能も兼ね備えており、周囲環境によらず、高精度な音声認識ができるという。

 従来のWebアプリケーションに音声入力インターフェイスを簡単に追加可能なため、今後、音声入力をトリガとしたさまざまなサービスの発展が期待されるとのこと。

 あわせてNTTアイティが本技術をNTTより取得し、「HTML5ブラウザによる音声認識サービス“SpeechRec for Browser”」として、2014年10月より、国内にて販売を開始する予定。専用の認識辞書を利用することで製品の独特な固有名詞なども精度良く認識できる。

 NTTアイティはこれまで、多様な環境下で利用可能な高精度日本語音声認識ソリューション“SpeechRec”を展開しており、あらたに“SpeechRec for Browser”を提供することで、Webページ作成ベンダと連携した企業・自治体のWebページの価値向上、SIベンダと連携しモバイル環境でのタブレット端末を活用した報告システムの利用率向上などを図る。

NTT、HTML5ブラウザ向けの高精度音声認識技術を開発……事前のソフト導入不要

《冨岡晶@RBB TODAY》

編集部おすすめのニュース

特集