パイオニア、タッチパネル搭載の2DINメインユニット発売…スマホとの連携強化

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

カロッツェリア・FH-9100DVD
  • カロッツェリア・FH-9100DVD
  • カロッツェリア・FH-7100DVD
  • カロッツェリア・FH-6100DVD
パイオニアは、スマートフォンとの連携を強化し、直感的な操作で動画や音楽を楽しめる、カロッツェリア タッチパネルディスプレイ搭載2Dメインユニット3機種を9月下旬より発売する。

今回発売するのは7型液晶・Bluetooth搭載の「FH-9100DVD」、6.2型液晶・Bluetooth搭載の「FH-7100DVD」、6.2型液晶・Bluetooth非搭載の「FH-6100DVD」の3機種。

同シリーズは、タッチパネル式のディスプレイを搭載。タッチやフリック、スライドなどの直感的な操作で、初めて使う人でも簡単に動画や音楽など多様なコンテンツを楽しめる。また、別売のバックカメラや地上デジタルTVチューナーなど、ドライブをより快適にするオプション機器も接続できる。

カーナビアプリ「ドコモ ドライブネットナビ(Android版)」をインストールしたスマートフォンとUSB接続するだけで、同アプリの画面を本機のディスプレイで表示・操作できるので、本機を手軽にカーナビゲーションとして使用できる。なお、ドコモ ドライブネットナビとの連携は、2015年1月以降対応予定。

さらに「FH-9100DVD」「FH-7100DVD」は、Bluetoothによるハンズフリー通話や楽曲のワイヤレス再生に対応。車の中でもiPhoneやスマートフォンをより快適に使用できる。

価格はいずれもオープン。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集