【ヤマハ スターミーティング14】プロトによる ボルト カスタム…低く長く、“オールド”なアメリカン

モーターサイクル エンタメ・イベント
プロト ボルト カスタム(ヤマハ スターミーティング14)
  • プロト ボルト カスタム(ヤマハ スターミーティング14)
  • プロト ボルト カスタム(ヤマハ スターミーティング14)
  • プロト ボルト カスタム(ヤマハ スターミーティング14)
  • プロト ボルト カスタム(ヤマハ スターミーティング14)
  • プロト ボルト カスタム(ヤマハ スターミーティング14)
  • プロト ボルト カスタム(ヤマハ スターミーティング14)
  • プロト ボルト カスタム(ヤマハ スターミーティング14)
  • プロト ボルト カスタム(ヤマハ スターミーティング14)
9月6日に行なわれたヤマハ「スターミーティング14」で、パーツメーカーのプロトは『ボルト』のオリジナルカスタム車を持ち込んだ。

プロトによる ボルト カスタム車には塗装変更をはじめ、ソロシート、テールランプの変更。そしてメーターのタンク左下移設。それからフロントフォークを5cmショート化している。

このカスタムについて、プロト営業部商品企画課の花城景吾氏は「オールドアメリカンスタイル」とコンセプトを述べる。続けて「すべて加工いらずのボルトオンパーツとして製作している。パーツ変更だけでスタイルチェンジができる手軽さで、カスタムに対する敷居を下げた」と語った。

フロントフォークを短縮化する事で、ロー&ロングスタイルとなっているのも特徴的。「ノーマルよりも車体がコンパクトな印象となった」(花城氏)。

ボルト のカスタムについて「完全スポーツ指向かアメリカン指向に分かれるだろう」と花城氏は考えを述べる。続けて「その上で弊社はアメリカンの指向をとり、そのコンセプトのもとにユーザーが気になるであろう箇所に応えるパーツを開発した。外観に加えてハンドルも3cm手前に引いてあり、快適さも付与している」(花城氏)と語った。
《阿部哲也》

編集部おすすめのニュース

特集