ZMP、車載CAN対応GPSモジュールを発売…3種の衛星に対応

自動車 ビジネス 企業動向

ZMP Position-Z2
  • ZMP Position-Z2
  • ZMP Position-Z2 車内設置
  • ビューワソフトウェア
ZMPは、3種の衛星に対応した車載CAN対応GPSモジュール「ZMP Position-Z2」の販売を9月10日より開始した。

新製品は、GPSと気圧センサを一体型としたセンサモジュールで、計測データをCANフォーマットで出力する。米国のGPSに加え、日本の準天頂衛星「みちびき」、ロシアの「グロナス」に対応し、同社従来製品と比べ、対応衛星数が約2倍となったほか、日本の真上に位置するみちびきにより、ビルの谷間などでの測位感度が向上した。

また、計測データはCANフォーマットで出力されるため、車両情報と合わせた計測や他の計測機器、データロガーと組み合わせた利用が可能。取得したGPSデータは、KMLファイルへ変換をし、Googleマップでの表示もできる。さらに、同社の9軸ワイヤレスモーションセンサ「ZMP IMU-Z2」と接続することで、位置情報(GPS+気圧)と挙動情報(加速度・ジャイロ・地磁気)の同時取得が可能となる。

新製品には、センサモジュール、計測状況をリアルタイムに表示するビューワソフトウェア、他のシステムからセンサデータを活用できるソフトウェア開発環境が含まれる。

価格は一般13万8240円、アカデミック10万5840円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集