JR東日本と日立、M2Mネットワーク機器を共同開発…2製品を商品化

 日立製作所は10日、鉄道や電力などの社会インフラ屋外設備の管理・保全を支援するM2Mネットワーク機器2製品を発表した。東日本旅客鉄道(JR東日本)と共同開発した。

鉄道 テクノロジー
利用イメージ
  • 利用イメージ
  • 製品仕様
 日立製作所は10日、鉄道や電力などの社会インフラ屋外設備の管理・保全を支援するM2Mネットワーク機器2製品を発表した。東日本旅客鉄道(JR東日本)と共同開発した。

 具体的には、太陽電池と温度センサーを搭載したセンサーノード「AirSense Sensor Node/太陽光発電型」と、小型・軽量化により携帯可能なゲートウェイ「AirSense Gateway/モバイル型」の2製品となる。9月11日から販売を開始する。

 「太陽光発電型センサーノード」は、太陽電池と省電力制御技術搭載により、電池交換なしに、長期間の設置が可能なセンサー。屋外設備に直接取り付けて、定期的にその温度状態を計測できる。「モバイル型ゲートウェイ」は、「太陽光発電型センサーノード」が計測したデータを、遠隔から無線により収集する携行可能なゲートウェイ装置となる。「太陽光発電型センサーノード」を施設や電力設備などに取り付け、「モバイル型ゲートウェイ」を作業員が携行もしくは車両に載せてその付近を巡回することで、各所の温度状態を自動的に収集できる。

 2製品は、日立「M2Mトラフィックソリューション」のラインアップの1つとして、各種サービスと組み合わせて提供される。

JR東日本と日立、M2Mネットワーク機器を共同開発……2製品を商品化

《冨岡晶@RBB TODAY》

編集部おすすめのニュース

特集