ウィズエアー・ウクライナ、イタリア・ナポリ路線を新規開設へ…ドイツ・ドルトムント路線は廃止

ウクライナLCC(格安航空会社)のウィズエアー・ウクライナは、リビフ=ナポリ路線を12月23日に新規開設すると発表した。

航空 企業動向
リビフ(リヴィウ)国際空港
  • リビフ(リヴィウ)国際空港
  • リビフ(リヴィウ)国際空港ターミナル1
  • リビフ(リヴィウ)国際空港ターミナル2
  • ナポリ・カポディキーノ国際空港公式ウェブサイト
ウクライナLCC(格安航空会社)のウィズエアー・ウクライナは、リビフ=ナポリ路線を12月23日に新規開設すると発表した。

ウクライナ西部のリビフ(リヴィウ)国際空港とイタリア南部のナポリ・カポディキーノ国際空港を結ぶ路線は、火・土の週2往復で運航する。使用機材はエアバスA320型機。運賃は639フリヴニャ(約5,200円)から。

ハンガリーLCCウィズエアーの子会社であるウィズエアー・ウクライナは、リビフ=ドルトムント路線を10月末で廃止すると発表済み。入れ替わりで新設する形となったナポリ路線は、より多くの需要を見込んでいる。
《日下部みずき》

編集部おすすめのニュース