アマゾン「ほしい物リスト」サービスを、災害時の物資調達に活用

エンターテインメント 話題
「Amazonのコミュニティ活動」紹介ページ
  • 「Amazonのコミュニティ活動」紹介ページ
 アマゾンジャパン(Amazon.co.jp)は5日、徳島県と、「災害発生時における支援に関する協定」を結んだことを発表した。「ほしい物リスト」サービスを利用する災害支援協定を締結するのは、徳島県が初。

 南海トラフ巨大地震など、徳島県内で大規模な災害が発生した場合に、避難所で必要となる物資の情報を公開支援することにより、物資調達をより迅速・的確に行われるようにするのが狙い。徳島県内の避難所約1,000か所に対して、必要なときに必要な物資を必要な数だけ、Amazon.co.jp上の「ほしい物リスト」サービスを活用し、一般からの支援を可能とする。

 これを受けアマゾンは、災害発生に備えて「ほしい物リスト」に関するマニュアルを徳島県に提供し、避難所毎の「ほしい物リスト」サービスの初期設定を支援する。また、発生時には、「ほしい物リスト」が周知されるように、Amazon.co.jp上に特設ページの公開等の支援に努める。

 なお東日本大震災後、アマゾンでは、「ほしい物リスト」サービスを活用して、約7,000か所以上の避難所・学校・非営利団体・個人宅等に、合計10万個以上の物資を支援できる環境整備に努めてきたという。

災害発生時の支援協定、アマゾンが徳島県と締結……ほしい物リスト活用、国内初

《冨岡晶@RBB TODAY》

編集部おすすめのニュース