警報機作動後に踏切進入のトラックと特急列車が衝突

2日午前10時30分ごろ、滋賀県長浜市内にあるJR北陸本線の踏切で、警報機作動後に踏切内へ進入したトラックに対し、通過中の特急列車が衝突する事故が起きた。トラックは大破して運転者が負傷。列車も一部の車両が脱線したが、列車の乗客乗員にケガはなかった。

自動車 社会 社会
2日午前10時30分ごろ、滋賀県長浜市内にあるJR北陸本線の踏切で、警報機作動後に踏切内へ進入したトラックに対し、通過中の特急列車が衝突する事故が起きた。トラックは大破して運転者が負傷。列車も一部の車両が脱線したが、列車の乗客乗員にケガはなかった。

滋賀県警・木之本署によると、現場は長浜市木之本町付近。踏切には警報機と遮断機が設置されている。トラックは警報機などが作動した後に踏切内へ進入。直後に通過した上り特急列車(金沢発/米原行き、5両編成)と衝突した。

トラックは軌道外に押し出されて大破。運転していた同市内に在住する57歳の男性が打撲などの軽傷を負った。列車は先頭車両の前部が衝突の弾みで脱線したが、乗客乗員約180人にケガはなかった。乗客1人が気分不良を訴え、近くの病院へ収容されている。

列車の運転士は警察の聴取に対して「120km/hで走行していたら、約50m先の踏切にトラックの進入を確認した。非常ブレーキを使用したが、間に合わずに衝突した」などと話しているようだ。警察ではトラックが強引に踏切へ進入してきた可能性が高いとみて、運転者の回復を待って事情を聞くとともに、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集