シュコダ ファビア 新型、チェコ工場で生産開始

自動車 ビジネス 企業動向

シュコダのチェコ工場で生産が開始された新型ファビア
  • シュコダのチェコ工場で生産が開始された新型ファビア
  • 新型 シュコダ ファビア
  • 新型 シュコダ ファビア
フォルクスワーゲングループに属し、チェコに本拠を置くシュコダは8月28日、新型『ファビア』の生産を開始した。

ファビアは、シュコダの主力コンパクトカーの1台。初代ファビアは、1999年にデビュー。フォルクスワーゲン『ポロ』とシャシーを共用する小型5ドアハッチバックで、2000年にはワゴンの「コンビ」、 2001年にはセダンを追加している。

2007年3月のジュネーブモーターショー07では、5ドアハッチバックとワゴンのコンビが2世代目にモデルチェンジ。2010年のジュネーブモーターショー10では、マイナーチェンジが実施された。

シュコダは8月19日、新型ファビアを発表。外観はシュコダの最新デザイン言語を導入した。インテリアは、機能性とエモーショナル性が開発テーマ。小型ボディで最大の室内空間が追求された。トランク容量は330リットル(VDA計測法)と、クラス最大級。

8月28日、シュコダのチェコ・ムラダー・ボレスラフ工場では、新型ファビアの量産第一号車がラインオフ。工場の従業員が、新型の生産開始を祝福した。なお欧州では11月から、新型の納車が開始される予定となっている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集