東南アジアと米国を結ぶ、容量世界一の海底通信ケーブル敷設へ

エンターテインメント 話題

光海底ケーブル「SEA-US」敷設マップ
  • 光海底ケーブル「SEA-US」敷設マップ
 日本電気(NEC)は8月29日、東南アジアと米国本土を結ぶ大容量光海底ケーブル「SEA-US(Southeast Asia-United States、シーユーエス)」の建設請負契約を締結したことを発表した。

 「SEA-US」は、フィリピン・インドネシアから、グアム・ハワイを経由し、米国本土に至る光海底ケーブル。総延長約15,000kmで、2016年より稼働開始となる。

 毎秒100ギガビット(100Gbps)となる最新の光波長多重方式に対応し、最大容量毎秒20テラビットの伝送が可能。東南アジア~米国本土間を直接結ぶ光海底ケーブルとしては最大の通信容量となる見込みだ。

NEC、東南アジア・米国間の光海底ケーブル「SEA-US」建設を受注

《冨岡晶@RBB TODAY》

編集部おすすめのニュース

特集